霊癒タロット / 霊障ヒーリングby蓮祈

無料メール鑑定あり〼 こころと体と霊的なことを書いてます。

清明


こんにちは。

蓮祈です。(⌒‐⌒)

今日、2016年4月4日は二十四節季気で『清明』です。

なので暦の上では今日から4月となります。




晴明(せいめい)とは...(ベネッセ教育情報サイトより)

 清明二十四節気の5番目の節気で、4月5日頃から穀雨(4月21日頃)の前日までにあたります。また、清明に入る当日を指すこともあります。

 清明とは、春先の清らかでイキイキとした様子を表した「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」という言葉を略したもの。

確かにこの頃には春風が吹いて暖かくなるとともに、空気が新鮮で爽やかになり、天地は明るく清らかになりますね。

また、桜を始めとするさまざまな草木の花が咲き誇り、お花見シーズンも到来。

万物が若返り、すがすがしさや明るさを感じる美しい季節です。

 二十四節気の発祥である中国における清明節は、雨季が到来する前に草むしりをして
先祖の墓を掃除する風習があることから、「掃墓(そうぼ)節」とも呼ばれました。

 また、行楽に適したシーズンでもあるので、「踏青(とうせい)」と称して
郊外へ散歩などをする人も多いそうですし、
清明節に近い時期に摘んだお茶ほど、香りと甘みがある高級茶とされていたりもするそうです。

いろいろな自然の恵みを実感できる時期なのです。







花言葉清明」を持つ花の名は「ヒエンソウ」
http://rennai-meigen.com/delphiniumhanakotoba/より

『晴明』という言葉が花言葉になっているが、そろそろ店先に並び始めています。

その花は「ヒエンソウ」。キンポウゲ科デルフィニウム属の花です。

デルフィニウム属には、ヒエンソウ、オオバナヒエンソウ、セリバヒエンソウの三種類があります。

私たちがデルフィニウムとしてよく見かける花は、オオバナヒエンソウです。

デルフィとは、ギリシア語でイルカを表わす言葉です。

花の名の由来は、蕾がイルカの姿に似ていることからとも、また燕の飛ぶ姿に似ていることからとも言われています。

花色は、青・白・水色・紫などがあります。

緑もまだ若芽…春の陽に透けるようなデルフィニウムの青みの花びら、その花びらにキラリと光る花弁との対比は、まさに、清く明るい風情が漂いますね。

~~~~~

ちょっと前、『立春』で春がきたことに歓びを感じつつ、雪が降らないかと案じていたのに

もう、晩春の『晴明』なんですね。(*^^*)


ヒエンソウ科の『ラークスパー』は、数年前から、なぜか、心惹かれる花です。




愛らしく小さな花なのに、凜としたものを感じます。



みなさまのお心が安寧でありますように...チューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジ